【おすすめ記事】配信者やクリエイター必見!ボタン操作で作業効率を向上させる!

【Xserver VPS】たった10分でRustマルチサーバーの立て方を紹介

当記事はSteam版PCユーザー向けです。(PS4版、Xbox版には対応してません)

ポテコちゃん

ねぇねぇ!ポテトくん!
Rustっていうゲーム知ってる?

揚げたてのポテト

もちろん知っていますよ。
少し前にストリーマー界隈で流行りましたよね。

ポテコちゃん

そうそう!私も身内でワイワイして遊んでみたいな!
でもサーバーとか詳しくないし、どうすればいいかな?

揚げたてのポテト

そんな時は、Xserver VPSでRustサーバーをレンタルするのがお手軽でおすすめですよ!

当記事では、「Xserver VPS」でRustのマルチプレイサーバーの立て方を分かりやすく紹介していきます。

Xserver VPSは誰でも簡単にRustサーバーを立てられるようにテンプレート(アプリイメージ)を用意されています。

初心者の方でもこの記事を見れば、今すぐにでもサーバーを立てることができます。

記事通りの手順に沿って行えば、10分以内にRustサーバーで遊べます!

目次

Rustとは

既にRustをプレイしていて当記事に来られた方が大半だと思いますが、一応「Rust」について簡単に紹介したいと思います。

Rustは、自給自足で素材を集め、食料や建築を作り、生活していく自由度の高いオープンワールドサバイバル+MMO+FPS要素があります。特徴はサーバーに複数のプレイヤーが参加しており、互いに協力したり、戦闘をしながら生き延びます。もちろんソロで活動することも可能です。

RUSTは2018年にリリースされたゲームですが、少し前に、ストリーマー界隈で注目されたゲームとなっていて、ワイワイと楽しんでいる様子から視聴者も感化されて一時期、Steamの売上No.1になるほどの注目度でした。

揚げたてのポテト

ストリーマー界隈で遊んでいるサーバーは、ストリーマー専用サーバーです。こちらもレンタルサーバーを借りて運営が行われています。

ポテコちゃん

そうなんだ!ストリーマーの切り抜き動画を見てから、私もRustに興味出てきたんだよね!

サーバーとは

さて、Rustでマルチプレイをするためには一緒に遊ぶ場所(サーバー)を用意する必要があります。

ポテコちゃん

例えば、友達の家に招待されて実際に行ってみたら、肝心の家が無い!という感じかな?

揚げたてのポテト

そうそう!そんなイメージですね!

簡単に説明しましたが、これがサーバーとなります。

そのため、Rustにおいてもサーバーが必要となりますが、サーバーを立てるためにはある程度のパソコンスペック(性能)が必要になります。

シングルプレイで重たいなと感じている人では自分のパソコンでサーバーを立てることは難しいと思います。

サーバー種類

ご存知かと思いますがRustにはシングルプレイがなく、全てマルチプレイで遊びます。

遊びたいサーバーを選択する必要があるのですが、Rustでは3種類に分かれています。

公式サーバー

その名の通り、Rust運営が提供している公式サーバーです。

誰でも参加できることから、かなり人口が多く上級者が多いイメージです。

そのため初心者には難しいサーバーとなっています。

MODサーバー

公式サーバーと違い、ユーザーが独自のRustサーバーを立てる必要があります。

MODという拡張機能を使用できるため、建築や乗り物の練習として存在することが多いです。

コミュニティサーバー

公式サーバーと違い、ユーザーが独自のRustサーバーを立てる必要があります。

ユーザーが管理するサーバーなので独自ルールがある場合があります。良さげなサーバーがあれば初心者の方でも遊びやすいかと思います。

同じパソコン内でRustクライアントとサーバーを立てるなら、ある程度のパソコンスペック(性能)が必要になります。

最大プレイヤー5~10人を想定したスペック

パーツ最低スペック推奨スペック
CPU2Coreまたは3Core以上2Coreまたは3Core以上
メモリ4GB以上8GB以上
容量32GB以上(SSD推奨)32GB以上(SSD推奨)
ネットワーク100Mbps以上1Gbps以上

また、コミュニティサーバーを作成するにはパソコンの知識が少し必要で、パソコン操作が苦手な方には不向きだと思っています。

ただし、サーバー管理者は様々なサーバー設定ができるため、自由に遊ぶことができます。

ポテコちゃん

自由に遊べるのはいいけどパソコン苦手だから難しそう…。

揚げたてのポテト

そこで、筆者がおすすめしたいのはレンタルサーバーである「Xserver VPS」でRustサーバーを立てましょう!

ポテコちゃん

Xserver VPSって聞いたことないなー

揚げたてのポテト

レンタルサーバーはスペックやパソコン知識不要で使用できるのでとても便利ですよ!

揚げたてのポテト

このあと詳しくXserver VPSについて説明したいと思います!

Xserver VPSとは?

Xserver(エックスサーバー)は、WEBサーバーを提供するレンタルサーバー企業の中で国内シェア率No.1を獲得し続けているレンタルサーバー企業です。

国内シェア率No.1を獲得し続けている理由に、Xserverは19年以上の積み重ねた豊富な運用実績と安定したサーバー環境を提供することにこだわりがあります。

そして長い期間を得て、誰もが満足する最高品質のレンタルサーバーを提供しているからです。

その中で、「Xserver VPS」は、VPSと呼ばれる仮想専用サーバーを2022年9月より提供しています。VPS企業としては新人ですが、レンタルサーバーに関しては信頼性と安定性を誇っています。

ポテコちゃん

聞いたことない名前だと思ったら、2022年9月から始まったばかりだったのね。

揚げたてのポテト

ちなみに当サイトのWEBサーバーはかれこれ5年くらいXserverにお世話になっています。

Xserver VPSの特徴

Xserver VPSは、他社のレンタルサーバーより低価格で提供し、更に高性能、高速な通信回線を使用しています。

Rustなどのゲームサーバーはとても負荷が掛かりやすいので、ハイスペックサーバーにこだわっている点が魅力的ですね。

Xserver VPS公式サイトより引用
独自で通信速度を測定した結果

また、Xserver VPSが提供しているRustのテンプレート(アプリイメージ)により、誰でも「今すぐ遊べる」サーバーが作れるので初心者の方にも親切になっています。

テンプレート(アプリイメージ)とは、Rustサーバーを自動構築してくれる機能のこと。

VPSについて

VPS(Virtual Private Server)とは、日本語で「仮想専用サーバー」のことです。

簡単にいうと、物理サーバーに仮想空間を用意することで仮想上に複数のサーバー(仮想サーバー)を作成できる技術になります。

VPSは、仮想上に異なるOSやメモリ、CPU等を自由に構築できます。

基本的にVPSは個人で提供することは少なく、Xserver VPSのような企業が提供しているところがほとんどです。

ポテコちゃん

ふむふm…( ˘ω˘)スヤァ

揚げたてのポテト

ま、まぁ…難しい内容なのでVPSはレンタルサーバーと似たようなものと思ってください。Xserver VPSはRustユーザー向けのテンプレート機能があるので、気にしなくても問題ありません。

Xserver VPSはRustユーザー向けなの?

通常のVPSでは、Rustサーバーに必要な初期設定(コマンドを打ち込む)を自分で設定する必要があり、VPSに慣れていない人は途中で投げ出したくなるほど難しいです。

いざ、サーバーを立てられてもゲーム設定が複雑で、初めての方には分からないことだらけな事が多いです。

揚げたてのポテト

私も初めて、通常のVPSを使ってみた時はサーバーを立ち上げるだけで、1日消費するほど難しかったです。(当時は、ネット記事も少なくGoogle先生と一緒に頑張りました笑)

ですが、最近はゲームサーバーの自動構築化(アプリイメージ)が進められており、今では誰もが簡単にサーバーを立てられる時代になりました。

Xserver VPSにおいても、アプリイメージのおかげで、難しい操作を自動的に行ってもらえるので、契約すれば簡単な操作だけでRustサーバーで遊べるようになります!

ポテコちゃん

実はサーバーを立ててからきちんと管理できるか不安だったんだぁ。これなら安心してサーバー管理もできそうだね。

Xserver VPSの料金について

Xserver VPSでは、サーバー性能によって、いくつかのプランに分かれています。

Rustサーバーでは、プレイヤー数やマップに応じて、サーバー性能を選ぶ必要があります。

Xserver VPS公式サイトより引用

先程もご説明した通り、Rustサーバーではメモリ8GB以上を推奨しています。

2~4人程度の人数であれば4GBプランでも動作することを確認できましたが、若干カクつきが感じられました。

独自で検証した結果は、8GBプランなら快適に遊ぶことができました。(大人数は16GBプランは欲しいですね)

ポテコちゃん

え!?料金安くない??
他社のレンタルサーバーより半分くらい安いね!

揚げたてのポテト

驚きのコスパですよね。
更に12ヶ月以上で契約するともっとおトクになるのです!

割引キャンペーンでもっとおトクにしよう!

実はXserver VPSは1ヶ月使うより、12ヶ月以上利用する方におトクな割引キャンペーンがあります。

割引キャンペーンは、12ヶ月以上まとめて購入すると、1ヶ月あたりの料金が安くなります。

割引キャンペーン4GBプラン8GBプラン16GBプラン
1ヶ月2,200円/月
割引なし
4,400円/月
割引なし
9,750円/月
割引なし
12ヶ月1,800円/月3,600円/月7,800円/月
24ヶ月1,750円/月3,400円/月7,500円/月
36ヶ月1,700円/月3,201円/月7,200円/月
2023年1月24日時点

例:4GBプラン(月額料金2,200円)

割引キャンペーン
12ヶ月適用した場合
割引キャンペーン
12ヶ月適用しない場合
  • 月額料金が2,200円から1,800円になり、12ヶ月で21,600円掛かる!
  • 適用すると4,500円以上おトクに!
  • 月額料金が2,200円なので、12ヶ月で26,400円掛かる!
  • 12ヶ月使うなら割引キャンペーンの方がおトクです!
ポテコちゃん

12ヶ月以上使うとお得だけどそんなに遊べるか分からないな…笑

揚げたてのポテト

確かにそうですね笑。割引キャンペーンを使わなくても低価格なので1ヶ月毎でも十分だと思います。

支払い方法について

Xserver VPSでは、「クレジットカード」と「コンビニや銀行払い」の支払方法に対応しています。

Xserver VPSのアカウントを作成する

Xserver VPSを利用するにはXserverアカウントの作成が必要です。

既にXserverアカウントをお持ちの方はXserver VPSの公式サイトから「ログイン」して、次のステップをご覧ください。

STEP
お申し込みページを開く

以下のリンクよりXserver VPSの公式サイトを開きます。

公式サイトの右上「お申し込み」をクリックしてお申し込みページに移動してください。

Xserverアカウントをお持ちではない方は「すぐにスタート!新規お申込み」をクリックし、既にアカウントをお持ちの方は「ログイン」を選択しましょう。

STEP
アカウント情報の入力

アカウント登録は必須項目に必要な情報を入力していきます。

メールアドレスとパスワードはXserver VPSにログインする際に必ず使用するので忘れずにメモで残しましょう。

パスワードは、英字や数字の半角8~16文字以内で入力する必要があります。(記号可)

アカウント情報に入力できたら「利用規約と個人情報の取り扱いについて」をご覧になった上で、「チェック」を付けて、「次に進む」をクリックします。

STEP
確認コードの入力

登録したメールアドレスにXserverアカウントよりメールが届いています。

メールを開き、記載されている「認証コード」の数字6桁をお申込みフォームの「確認コード」に入力します。

メールに記載された「認証コード」の数字6桁をを入力してください。

入力できたら「次に進む」をクリックします。

STEP
お申し込み内容の確認

先程入力したアカウント登録情報が表示されます。

内容を確認して間違いがないようなら一番下の「SMS・電話認証へ進む」をクリックしてください。

STEP
SMS/電話認証を行う

次に本人確認を行うために、電話番号を入力してSMS認証または電話認証を行う必要があります。

電話番号を入力してメッセージ(SMS認証)もしくは音声通話(電話認証)をクリックします。

入力できたら「認証コードを取得する」をクリックしてください。

認証方法説明
SMS認証【おすすめ】スマホ等に認証コードのメッセージが届き入力するだけ
音声通話認証(電話認証)電話に出る必要があり、認証コードが分かるまで時間が掛かる

スマホ等のメッセージに「認証コード」が届くので、申し込みフォームに認証コードを入力して「認証してサーバー申し込みに進む」をクリックしてください。

揚げたてのポテト

これでXserver VPSのアカウント作成は完了です!

ポテコちゃん

画像付きだからとても分かりやすく作れたよ!

Xserver VPSでRustサーバーを立てよう

Xserver VPSのアカウント作成後、もしくはログインするとサーバーのお申し込みページに移動します。

ここからRustサーバーの性能(スペック)となるサーバープランを選んでいきます。

STEP
サービスは「ゲームサーバー」を選択

VPSではなく「ゲームサーバーのお申し込み」を選択してください。

VPSを選んでしまうとRustサーバーを立てられないのでご注意ください。

サーバー名を決めたい場合は「自分で決める」を選択し入力します。(あとで変更可能)

STEP
サーバープランを選択

Rustサーバーではメモリ8GB以上を推奨しています。

2~4人程度の人数であれば4GBプランでも動作することを確認できましたが、若干カクつきが感じられました。

独自で検証した結果は、8GBプランなら快適に遊ぶことができました。(大人数は16GBプランは欲しいですね)

STEP
サーバーの契約期間を選択

サーバーの契約期間を「1ヶ月・12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月」から選択します。

12ヶ月以上まとめて購入すると、1ヶ月あたりの料金が安くなる、割引キャンペーンが適用されるのでおトクに使うこともできます。

割引キャンペーン4GBプラン8GBプラン16GBプラン
1ヶ月2,200円/月
割引なし
4,400円/月
割引なし
9,750円/月
割引なし
12ヶ月1,800円/月3,600円/月7,800円/月
24ヶ月1,750円/月3,400円/月7,500円/月
36ヶ月1,700円/月3,201円/月7,200円/月
2023年1月24日時点

例:4GBプラン(月額料金2,200円)

割引キャンペーン
12ヶ月適用した場合
割引キャンペーン
12ヶ月適用しない場合
  • 月額料金が2,200円から1,800円になり、12ヶ月で21,600円掛かる!
  • 適用すると4,500円以上おトクに!
  • 月額料金が2,200円なので、12ヶ月で26,400円掛かる!
  • 12ヶ月使うなら割引キャンペーンの方がおトクです!
ポテコちゃん

これって月の途中から契約した場合は今月の料金はどうなるの?

揚げたてのポテト

月の途中で契約すると日割り計算に当てはまります。詳しくはこちらをご覧ください。

揚げたてのポテト

例えば、2022年12月20日に契約すると、2022年12月20日~12月31日の日割り計算+2023年1月1日~1月31日の月額料金で請求されます。

STEP
イメージタイプを選択

サーバープランを選択できたら次はイメージタイプ「Rust」を選択してください。

STEP
rootパスワードを入力

次にrootパスワードの設定になります。

rootパスワードは、サーバーを管理する時に必要になるので入力したrootパスワードは必ずメモしましょう。

半角英字、半角数字、半角記号から2種類以上を含んだ9文字以上70文字以内で入力する。

記号「”」「’」「;」は問題になる可能性が高いのでrootパスワードの入力を避けてください。

STEP
利用規約を確認し、サーバーを申し込む

上記の入力が完了したら、Xserver VPS利用規約をご覧になった上で「Xserver VPS利用規約に同意する」にチェックを付け、「お申し込み内容を確認する」をクリックします。

その後、お申し込み内容を確認し、問題なければ「お支払いへ進む」をクリックしてください。

STEP
支払い方法を選択

次に支払い方法を選択していきます。

Xserver VPSでは、「クレジットカード」または「コンビニ払い/銀行払い」に対応しています。

どちらか支払方法を選択したら「決済画面へ進む」をクリックします。

揚げたてのポテト

クレジットカードなら自動更新の設定ができるので払い忘れがなくおすすめです。

ポテコちゃん

私はクレジットカードを持ってないからコンビニ払いかな~。

クレジットカードを選択した方は、カード情報を入力して「確認画面へ進む」をクリックします。

最後に「支払いをする」をクリックして支払いを完了します。

以下の画面が表示されたら料金の支払い完了です。そして「トップに戻る」をクリックします。

STEP
完了

支払い完了後、Rustサーバーの自動構築が開始されます。(大体5分程度で構築が完了する)

トップ画面に戻ったら「VPS管理」を選択します。

こちらはVPSパネルというサーバー管理画面です。

右上に「稼働中」となっていたらRustサーバーの立ち上げが完了しました!

5分以上待っても、表示が変わらなかったらページ更新をしてみましょう。

ポテコちゃん

え、もうRustサーバー立てられたの?
まだまだ続くと思ってた笑

揚げたてのポテト

お疲れ様でした。もう遊べる状態になっています!
これがテンプレート機能の魅力です!

揚げたてのポテト

早速、Rustサーバーに接続してみましょう!

Rustサーバーに接続してみよう!

早速、Rustサーバーに接続したいところですが、初回に限りやることが1つあります。

現時点では安全の為にサーバーのポート番号が全て閉鎖されています。

Rustサーバーに接続する前に接続許可ポートを開放する必要があります。(初回のみ)

接続許可ポートを開放する

Xserver VPSのVPSパネル(管理画面)の左側から「接続許可ポート設定」をクリックします。

全て許可の「ONにする」に選択し、「接続許可ポートを設定する」をクリックします。

少し待つと接続許可ポートの設定が完了します。

揚げたてのポテト

これでポート開放は完了です!

RustサーバーのIPアドレスを確認する

それでは、構築したRustサーバーに参加するために、サーバーのIPアドレスを確認する必要があります。

IPアドレスはVPSパネルの右上「IPアドレス:123.456.78.9」から確認できます。

Rustサーバーに接続する

まず、「Rust」を起動してください。

次にSteamを起動して左上の「表示」を選択し、表示された中に「サーバー」があるのでこれを選択します。

ウィンドウが開くと思うので「お気に入り」を選択し、右下の「サーバーを追加」を選択します。

文字が小さく見づらい場合は画像をクリックすると拡大表示できます。

先程、VPSパネルから確認した「IPアドレス:28015」を赤枠の中に入力してください。(IPアドレスと28015の間に「:(コロン)」も必ず挟んでください)

その後、「このアドレスをお気に入りに追加」を選択します。

アドレスをお気に入り追加するとこのようにXserver VPSで作成したサーバーが表示されます。

たまに表示されない場合がありますがRustサーバーが完全に起動していないためです。少し時間を置いて「更新」すると表示されると思います。

Steamにてお気に入り追加して表示されたら、Rustの画面を開きます。

「ゲームをプレイ」→「ファボ」の順に開くと、Steamでお気に入り追加したRustサーバーが追加されています。

最後に追加されたRustサーバーを選択して「サーバーに参加」を選択するとゲームに参加できます!

読み込みが完了し、ゲーム画面が切り替わればサーバーに接続成功になります!

揚げたてのポテト

お疲れ様でした。
これでXserver VPSでRustサーバーの立て方は以上になります。

ポテコちゃん

わーい!これでみんなと一緒に生活するぞー!

他の参加者にもサーバーのIPアドレスとポート番号を教えて、Steamのサーバー追加方法を教えてあげると同じようにサーバーに接続ができ、一緒に遊ぶことができるようになります。

ゲーム設定について

Rustサーバーのゲーム設定方法は以下のXserver VPSのサポートサイトで説明されているのでご参考ください。

ひとこと

Xserver VPSはいかがだったでしょうか?

個人的には他社のレンタルサーバー以上の高性能なのにコスパが良く、終始使いやすい印象でした。

Xserver VPSでは、定期的に色々なゲームのアプリイメージが追加されているので、今後さらにXserver VPSの需要が深まりそうですね。

今まで友達や身内同士で遊びたくても遊べなかった方も、Xserver VPSなら比較的安く使えるので、とりあえず1ヶ月間で使ってみるのも良いと思います。

たくさんのお友達や仲間と一緒にRustを楽しんでください!

ポテコちゃん

わーい!みんなと遊ぶよー!

揚げたてのポテト

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後も揚げポテ知恵ログ+をよろしくお願いします!

0 0 総投票数
\ この記事を評価 /

\当サイトがおすすめしたいマイクラのレンタルサーバー/

\当サイトがおすすめしたいマイクラのレンタルサーバー/

スクロールできます
レンタルサーバー特徴

ConoHa for GAME
新しくConoHa for GAMEとなってリニューアル
新料金プランが低価格でおトクに使える
豊富なテンプレート機能によりゲームサーバーが簡単!
初回利用は800円クーポンが貰える
1ヶ月以上利用する方は長期割引パスの料金がおトク

Xserver VPS
圧倒的低価格で高性能&高速回線サーバーを提供
豊富なテンプレート機能によりゲームサーバーが簡単!
特に12ヶ月以上の料金がおトク

Agames
マインクラフト/ARK/Valheim等が自動構築で簡単!
学生向けの割引で月額料金から15%~25%割引
新しくEpycプランが登場!
マイクラサーバーに詳しいサポーターが充実してる

レンタルサーバーはこんな人におすすめ!

「パソコンの性能(スペック)が足りない」

「ポート開放が上手くできない」

「難しくてよく分からない」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
0 0 総投票数
\ この記事を評価 /
guest
0 件のコメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
目次