【おすすめ記事】サブスクをまとめて管理できるアプリって知ってる?

【Valheim】ConoHaで簡単なマルチプレイサーバーの立て方【最新版対応】

ポテコちゃん

1人でValheimで遊ぶのも飽きて来たなー
そろそろサーバー立ててみんなでマルチプレイしようかな?

ポテコちゃん

でもサーバーのこと詳しくないし、どうすればいいんだろう??

揚げたてのポテト

そんな時はConoHaでValheimサーバーをレンタルするのがオススメ!

当記事では、レンタルサーバー大手である「ConoHa」でValheimのマルチプレイサーバーの立て方を分かりやすく紹介していきます。

ConoHaは誰でも簡単にValheimサーバーを立てられるようにテンプレートを用意しています。初心者の方でもこの記事を見れば、今すぐにでもサーバーを立てることができます。

記事通りの手順に沿って行えば、5分以内でValheimサーバーで遊べます!

【過去最大75%OFF】今なら「50万人突破記念キャンペーン」を実施中!【期間限定】

50万人突破記念キャンペーンとは、VPS割引きっぷを利用すると通常料金から過去最大75%OFF、月額272円~からご利用できます。中でも3か月以上の4GBプランと2GBプランが最も割引率が高くおすすめです!(2022年11月7日(金)16時まで)

目次

Valheimとは

ところで「Valheim」というゲームはご存知でしょうか?

Valheim」とは、北欧神話とバイキング文化をモチーフに、死後の世界に住んで神話の怪物たちと戦う世界観のオープンワールド型サバイバル&探索ゲームとなっています。

このゲームでは、シングルプレイの他に複数人で遊べるマルチプレイがあります。

マルチプレイでは、1~10人以上の人数で協力プレイが可能です。友達や仲間と一緒にワイワイしながらサバイバルするのもValheimでの楽しみの1つだと思います。

サーバーとは

しかし、マルチプレイをするためには一緒に遊ぶ場所(サーバー)を用意する必要があります。

ポテコちゃん

例えば、友達の家に招待されて実際に行ってみたら、肝心の家が無い!という感じかな?

揚げたてのポテト

そうそう!そんなイメージですね!

簡単に説明しましたが、これがサーバーとなります。

そのため、Valheim専用サーバーが必要となりますが、サーバーを立てるためにはある程度のパソコンスペック(性能)が必要になってきて、シングルプレイで重たいなと感じている人ではサーバーを立てることは難しいと思います。

そこで、筆者がオススメしたいのはレンタルサーバーである「ConoHa」でValheimの専用サーバーを立てましょう!

ポテコちゃん

ConoHaって聞いたことないなー
どんなレンタルサーバーなの?

揚げたてのポテト

このあと詳しくConoHaについて説明したいと思います!

ConoHa(コノハ)とは

ConoHaは、日本にあるレンタルサーバー企業の1つで、親会社はインターネット事業を展開しているGMOになります。

揚げたてのポテト

聞いたことない方もいるかもしれませんが、
実はGMOはインターネット事業の中でかなり大手で知名度もあるため、安全性信頼性があります。

GMOが運用するConoHaでは主にVPSとよばれるサーバーを提供しています。ConoHaは他のレンタルサーバー企業の中で高性能でありながら、低価格でサーバーを提供していて初心者の方でも簡単に利用できる点がとても魅力的です。

ポテコちゃん

なるほどー!安く使えて高性能なのはありがたいね!

揚げたてのポテト

そうですねー!とても使いやすいです。
私もかれこれ3年以上は愛用させてもらってます。

また、初期費用なしで月額968円から利用できるレンタルサーバーで、たくさんのテンプレートと高速SSDにより、「今すぐにでも使える」サーバーを作ることができます。

特にValheimユーザーは優遇されており、「テンプレートイメージ」というサービスがあります。(これが超便利なんです!)

ゲーム好きならこんな記事もおすすめ!

VPSについて

ポテコちゃん

ところでさっきの説明で「VPS」っていう知らない単語が出てきたんだけど、説明してほしいな~

揚げたてのポテト

そうですね、ConoHaではレンタルサーバーの「VPS」を提供しているといいましたが、VPSについて簡単に説明しますね。

VPS(Virtual Private Server)とは、日本語で「仮想専用サーバー」のこと。
物理サーバーに仮想空間を用意することで仮想上に複数のサーバー(仮想サーバー)を作成できる技術。

VPSは、仮想上に異なるOSやメモリ、CPU等を自由に構築できます。

基本的にVPSは個人で用意することは少なく、ConoHaのような企業が用意しサービスとして提供しているところがほとんどです。

このようにVPSはサーバー構築をする技術だと最低限理解してもらえれば、問題ないかと思われます。

ポテコちゃん

ふむふむ。な、なんとなく分かったよ。。。

揚げたてのポテト

詳しく理解する必要もないと思うのでなんとなくで大丈夫です笑

ConoHaでサーバーを立てるメリット・デメリット

数あるレンタルサーバーの中でConoHaはどのようなメリット・デメリットがあるのか見てきます。

メリット
デメリット
  • 学生にも優しい低価格で提供
  • 最新CPUや高速SSD等を搭載した高性能スペック
  • いつでも解約できる時間制課金
  • コントロールパネルが分かりやすい
  • クレジットカード以外でも使える
  • テンプレートが充実している
  • メールやチャット等のサポート体制が充実している
  • GMOブランドで安全性・信頼性がある
  • 紹介、解説サイトが多い
  • 無料のお試しプランが無い
  • サーバー攻撃に弱い
揚げたてのポテト

こんな感じですかね。

ポテコちゃん

メリットに比べてデメリットの数が少ないね笑

メリットはすぐに思いついて書けましたが、デメリットは5分程度考えましたがあまり思いつかなかったです。

それだけ個人的には不満な点が無かったとも言えます。

デメリットについて

無料のお試しプランが無い

ConoHaでは低価格で提供しているため、1ヵ月間の無料お試しプランがありません。

しかし、当サイトからお申込みすると700円引きクーポンが貰えるので、無料とまでは行きませんが最初の1ヵ月は700円引いた料金で利用することができます。

サーバー攻撃に弱い

レンタルサーバーの中には、サーバー攻撃(DDoS等)対策を搭載しているレンタルサーバーもありますが、ConoHaでは搭載されていません。

そのため、ConoHaではサーバー攻撃による耐性が弱い印象があります。

と言っても個別のサーバーに攻撃を受けることはほとんど無いため心配する必要はありません。

料金プランについて

ConoHa VPSでは5つのプランによって分かれていますが、その中でオススメ3つをピックアップします。

2GBプラン
1,848円/月
3.3円/時
初期費用
無料
CPU/メモリ
3コア/2GB
SSD
100GB
備 考
少人数であれば快適に遊べる
4GBプラン
3,608円/月
6.6円/時
初期費用
無料
CPU/メモリ
4コア/4GB
SSD
100GB
備 考
10人前後あれば快適に遊べる
8GBプラン
7,348円/月
13.2円/時
初期費用
無料
CPU/メモリ
6コア/8GB
SSD
100GB
備 考
大人数であれば快適に遊べる
ポテコちゃん

確かに他のレンタルサーバー企業と比べると安いね!しかも高性能ってスゴイね!

揚げたてのポテト

参加人数にあったプランを選んでもらえれば快適に遊ぶことができてオススメです!

揚げたてのポテト

個人的には4GBプランが良いと思っています。
5人以下なら2GBプランでも可能ですが、快適に遊ぶなら4GBプランをおすすめします。

4GBプラン高いなぁって方へ

サーバー契約後でも2GBプランから4GBプランへ変更も可能なので料金面で心配な方は、まず2GBプランにしてみて、その後4GBにしてみても良いと思います。

揚げたてのポテト

2GBプランだと若干カクつきが感じられました…。

また、ConoHaは時間課金制を導入しています。

時間課金制とは、契約開始時から時間計算が始まり、月の途中で解約(サーバー削除)してもその時点の利用料金が請求されます。

【過去最大75%OFF】今なら「50万人突破記念キャンペーン」を実施中!【期間限定】

50万人突破記念キャンペーンとは、VPS割引きっぷを利用すると通常料金から過去最大75%OFF、月額272円~からご利用できます。中でも3か月以上の4GBプランと2GBプランが最も割引率が高くおすすめです!(2022年11月7日(金)16時まで)

ConoHa VPSのアカウント作成

ConoHa VPSを利用するには最初にConoHaアカウントを作成する必要があるので、まずアカウント作成方法をを紹介していきます。

ConoHaアカウントの作成

既にConoHaアカウントを持っている方は読み飛ばしてもらって構いません。

ConoHa VPSサイトより「今すぐクーポンをもらう」をクリックするとお申し込みができます。

ConoHaアカウントを持っていない方はアカウント作成が先になります。

揚げたてのポテト

今なら当サイトからお申し込みをすると、お得な特典がもらえます!

揚げたてのポテト

上記のボタンからConoHaアカウントを作成し、プランを契約するとお得な「700円分クーポン」が付与されます。(契約時に自動付与)
この機会に是非ご活用ください!

ポテコちゃん

せっかくなので活用してみよう~!

アカウント情報の入力

アカウント作成も簡単で、必要項目を入力するだけでアカウント作成ができます。

入力された情報は公開されることがないため、正しい情報を入力しましょう。
トラブルがあった際に間違った情報だと対応してもらえない場合があります!

ConoHaのパスワードは、セキュリティ強化のため
英大文字と英小文字、数字を最低1文字以上を入れる必要があるのでご注意ください!

パスワードは重要になるので、しっかりとしたパスワードを入力しましょう。

今後、ConoHaにログインするにはメールアドレスとパスワードが必要になりますので、アカウント作成時にメモすることをオススメします!

電話/SMS認証の確認

アカウント情報を入力して「次へ」をクリックすると次は本人認証が必要となります。
電話番号を入力してメッセージ(SMS認証)もしくは電話音声(電話認証)を選択します。

認証種類対応機器備 考
メッセージ(SMS認証)ガラケーorスマホorタブレット等(固定電話不可)簡単でスグできる
電話音声(電話認証)ガラケーorスマホorタブレット等(固定電話可)電話に出ないといけない
揚げたてのポテト

簡単にすぐできるSMS認証がオススメです!

電話番号を入力して「SMS認証」をすると、スマホ等のメッセージに認証コードが届くので認証コードを入力して「送信」を選択します。

お支払い方法の入力

本人認証が完了すると、事前にお支払い情報を入力する必要があります。

お支払い方法は様々対応しているので、クレジットカードをお持ちではない方でも利用できます!

お支払方法は大きく分けて3つあり、クレジットカード・ConoHaチャージ・ConoHaカードです。

クレジットカードを登録しておくと、翌月から自動引き落としになるので払い忘れが無くなるのでオススメですが、中にはクレジットカードをお持ちになってない方もいると思います。

揚げたてのポテト

そんな方は、ConoHaチャージまたはConoHaカードをオススメします!

ConoHaチャージ対応
お支払い方法
ConoHaカード対応
お支払い方法
  • クレジットカード
  • Amazon Pay
  • コンビニ決済
  • 銀行決済(ペイジー対応)
  • PayPal
  • Alipay
  • クレジットカード
  • コンビニ決済
  • 銀行決済(ペイジー対応)
  • Amazon.co.jpから購入
ConoHaチャージ

入金した金額分のみサービスのご利用が可能となる、前払いタイプのお支払い方法です。

クレジットカードの他に様々な支払方法に対応しています。

ConoHaカード

ConoHa VPSに「クーポン」として登録ができるプリペイドカードです。

Amazonギフトカードのように登録したい金額分のConoHaカードを購入して、番号を登録するだけでお金をチャージすることができます。

また、学生や教職員の方向けに学割も対応していて、学割を使うと10%OFFになりおトクです!

揚げたてのポテト

お支払い情報まで入力が完了するとアカウント作成完了です!

ポテコちゃん

特に問題なく、アカウント作成できたよー!

揚げたてのポテト

それでは次はValheimのサーバーを契約して実際にサーバーを立ててみましょう!

サーバープランを選択

それでは、Valheimサーバーのスペック(性能)となるサーバープランを選択していきます。

ここではマルチプレイの参加人数に応じたサーバープランを選択してください!

STEP
リージョン「東京」を選択

サーバーをどこに置くか決められます。

日本に住んでいる方は東京とシンガポールでは、東京の方が近いので「東京」を選択します。

STEP
サービス「VPS」を選択

サービスには色々とありますがValheimでは「VPS」でサーバーを立てる必要があるため「VPS」を選択します。

STEP
VPS割引きっぷを「利用する/しない」を選択

VPS割引きっぷとは3ヵ月以上まとめて購入すると、ひと月あたりの割引率がアップします。

詳しくは以下の表を参考にしてください。

1~2か月だけ利用したい方は「利用しない」を選択して、3ヵ月以上利用する方は、VPS割引きっぷを「利用する」の方がお得になりオススメです!

スクロールできます
VPS割引きっぷ2GBプラン4GBプラン8GBプラン
1ヵ月1,848円/月
割引なし
3,608円/月
割引なし
7,348円/月
割引なし
3ヵ月1,815円/月
1%OFF
3,520円/月
2%OFF
7,260円/月
1%OFF
6ヵ月1,793円/月
2%OFF
3,465円/月
3%OFF
7,205円/月
2%OFF
12ヵ月1,565円/月
15%OFF
2,970円/月
17%OFF
6,336円/月
14%OFF
24ヵ月1,495円/月
19%OFF
2,931円/月
18%OFF
6,069円/月
17%OFF
36ヵ月1,426円/月
22%OFF
2,901円/月
19%OFF
5,802円/月
21%OFF
揚げたてのポテト

3か月ごとに数十円の割引が適用されます!さらに長期になればなるほど、割引も大きくなります!

ポテコちゃん

おぉ!長くなればなるほど割引率が増えてるね!

【過去最大75%OFF】今なら「50万人突破記念キャンペーン」を実施中!【期間限定】

50万人突破記念キャンペーンとは、VPS割引きっぷを利用すると通常料金から過去最大75%OFF、月額272円~からご利用できます。中でも3か月以上の4GBプランと2GBプランが最も割引率が高くおすすめです!(2022年11月7日(金)16時まで)

STEP
サーバープランを選択
2GBプラン
1,848円/月
3.3円/時
初期費用
無料
CPU/メモリ
3コア/2GB
SSD
100GB
備 考
少人数であれば快適に遊べる
4GBプラン
3,608円/月
6.6円/時
初期費用
無料
CPU/メモリ
4コア/4GB
SSD
100GB
備 考
10人前後あれば快適に遊べる
8GBプラン
7,348円/月
13.2円/時
初期費用
無料
CPU/メモリ
6コア/8GB
SSD
100GB
備 考
大人数であれば快適に遊べる
揚げたてのポテト

料金プランに迷っている方は、前述した「料金プランについて」をご参考ください!

STEP
アプリケーション「Valheim」を選択

たくさんのアプリケーションの中から「Valheim」を探して、選択します。

STEP
rootパスワード/ネームタグの設定

rootパスワードは、サーバーを管理する時に必要になります。

英大文字、英小文字、数字、記号をそれぞれ含めて設定する必要があります。

入力したrootパスワードは忘れないように必ず控えておいてください。

rootパスワードはコントロールパネル再設定することはできないのでご注意ください。

追加するVPSに任意のネームタグ(名前付け)を設定することができます。

あとで見て分かりやすい名前にしておくと良いと思います。

ネームタグはあとでコントロールパネルから変更できます。

STEP
任意でオプション設定を行う

基本的にはデフォルトのオプションのままでもサーバーを立てられるため、特に変更する必要がありません。

強いて言えば、サーバーデータが破損したときにバックアップしていると復元できるようになります。

自動バックアップ」を有効にしていると、いつでも安心してプレイすることができるのでオススメです。

揚げたてのポテト

その他の設定は特別な操作をしている人向けなので特に気にしなくていいです。

上記のSTEP6またはSTEP7まで完了したら、「追加」を選択してサーバーを作成します。

サーバー追加後、すぐにサーバー構築が開始されます。

しばらく待つと下記の画像のように構築中から起動中という表記に変わるので待ちましょう。

10分以上待っても「構築中」のままだった場合は、ページ更新をすると起動中になっていると思います!

お疲れ様でした!これでValheimサーバーを構築することができました!

あとはValheimを起動して必要な情報を入力することでマルチプレイサーバーに参加することができます!

ポテコちゃん

あともう少しだー!一緒に頑張ろう!

Valheimサーバーに参加する

それでは、構築したValheimサーバーに参加するためにサーバーのIPアドレスとパスワードを確認する必要があります。

IPアドレス、パスワードの確認方法

ConoHaのコントロールパネルを開いてください。

ネームタグの名前を選択します。

次に「コンソール」を選択すると、黒い画面が表示されると思います。

ここでログイン情報を求められるので、loginには「root」、Passwordには「roorパスワード」を入力します。

Passwordの入力では、打ち込んだ文字が表示されない仕様なので、1文字1文字キーボードを見ながら入力することをオススメします。

赤枠に囲まれた部分にあるIP Addressの横の数字が「IPアドレス」で、その下のControl Panel PassがValheimサーバーの「パスワード」になります。

この2つの情報がValheimサーバーに参加するために必要な情報になるのでメモしましょう。

Valheimサーバーの参加方法

まず、「Valheim」を起動してください。

タイトル画面が表示されたら「START GAME」を選択します。

キャラクター選択できたら「Start」を選択します。

上の「Join Game」を選択し、右下の「Join IP」を選択すると、IPアドレスを入力するところが出てくるので先程のIPアドレスを入力してください。その後、Connectを選択します。

するとパスワードを入力する画面が表示するので、IPアドレスと同じく先程のパスワードを入力します。入力ができたらEnterを押すとサーバーに参加できます。

ポテコちゃん

わーい!Valheimのサーバー立てられたよー!
これでみんなと遊べる~♪

揚げたてのポテト

よーし!Valheimの世界で遊びましょう!

シングルプレイのワールドで遊びたい

ポテコちゃん

Valheimサーバーを立てれたけど、今までシングルプレイで遊んでたワールドを使って、みんなでマルチプレイしたいな・・・

揚げたてのポテト

ふむふむ、できますよ!
シングルプレイのワールドをマルチプレイで遊ぶ方法もご紹介します!

必要なソフト「WinSCP」のダウンロードとインストール

パソコン内にあるシングルプレイのワールドをConoHaのValheimサーバーにデータを移す必要があるため、必要なソフトをパソコンにダウンロードして、インストールする必要があります。

必要なソフトとは、WinSCPというパソコンからサーバー等に接続してファイルやフォルダを共有できるソフトです。

上記のサイトを開いて、「窓の社からダウンロード」をクリックするとパソコンにダウンロードできます。

揚げたてのポテト

ダウンロードができたらインストールも完了させてくださいね。

ポテコちゃん

了解しました(”`д´)ゞ

ValheimワールドデータをConoHaのValheimサーバーに移行する

それでは、WinSCPの初期設定を行い、パソコン内のValheimワールドデータをConoHaのValheimサーバーに移行していきます。

WinSCPの初期設定

  1. ホスト名「VPSのIPアドレス」を入力
  2. ユーザー名「root」を入力
  3. パスワード「rootパスワード」(サーバー追加時に設定したパスワード)を入力

最後に「保存」して、「ログイン」するとConoHaのValheimサーバーのフォルダにログインできます。

ログイン後に警告メッセージが表示された場合

もし、このようなメッセージが表示されたら「はい」を選択してください。

ワールドデータの移行

赤枠のフォルダマークを選択し、「ディレクトリを開く」に以下のファイルパスを入力してください。

/home/valheim/.config/unity3d/IronGate/Valheim/worlds_local

【追記】2022年6月22日時点でディレクトリの場所が変わっていたのでファイルパスを変更しました。

入力できたら「開く」を選択するとValheimサーバーのワールドデータがあるフォルダを開けます。

この中にワールドデータをすべて削除して、パソコン内のValheimワールドデータをドラッグ&ドロップで導入しましょう。

最後に導入した「ワールド名.fwl」の名前を「MyWorld.fwl」に変更したら完了です。

※「ワールド名.db」の名前は変更しないでください!

ここでMyWorldに変更する理由は、ValheimサーバーがMyWorldのワールドデータでサーバー構築するからです。

あとはValheimサーバーを再起動してサーバーに参加すると移行したワールドデータで遊べると思います!

揚げたてのポテト

お疲れ様でした!
これでConoHaのValheimサーバーを立てる紹介は以上となります。

ひとこと

いかがだったでしょうか?
サーバー構築と聞くと難しいように思えますが、ConoHaでは簡単に立てられるようにテンプレートが用意されています。

これを機にたくさんの友達や仲間を呼んでValheimライフを楽しんでください!

ポテコちゃん

わーい!みんなで遊ぶよー!

揚げたてのポテト

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後も揚げポテ知恵ログ+をよろしくお願いします!

0 0 総投票数
\ この記事を評価 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
0 0 総投票数
\ この記事を評価 /
guest
13 件のコメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
はらたま

参考になる記事をありがとうございました、お陰様でレンタルから立ち上げまでスムーズに進めることができました。
ただ他の方が書いていらっしゃるように、ローカルワールドデータの移行については

シード値とスポーン場所だけ引き継がれて、建築した物、経過した日数などが引き継げませんでした。

と同様です(.dbはオリジナル名のままでfwlファイルだけMyWorldにリネームしています)
rootでコピーしているのでオーナーとか権限の問題てしょうか…
もう少し試行錯誤してみます。

モンテ

サーバー構築の記事すごく助かりました!
一つ質問があるのですが
ValheimワールドデータをConoHaのValheimサーバーに移行するの手順にて
/home/valheim 以降のフォルダに何もない状態になっています
valheimでワールドに入れることは確認しているのですが。。。

valheim側のアップデートが最近あったのでその辺の絡みでしょうか?

初歩的な質問ですいませんがご教示いただけますと幸いです

Last edited 3 ヶ月 前 by モンテ
Q

サーバー構築に参考にさせていただきました。ありがとうございます。
他の方がおっしゃられている、建築物や日数が引き継げないのは
ローカルで作成しているバックアップファイルの内の『.db』もMyWorld等に名前変更しちゃっているが原因かと思います。
.fwlはMyWorldに変更する必要がありますが、DBファイルの方はfwlの中で元のDBファイル名を指定しるので…今後参照される方のご参考になればと思います。

もち

初めまして、サーバー構築に当たりこちらの記事を参考にさせていただき大変助かりました。
本日アップデートが入りバージョン違いでログインできなくなってしまったんですがもしよろしければこちら解決策分かりましたら紹介していただけると助かります!

terutika

参考になります。
データは移行できたのですが前のコメント者の方と同様に、シード値とスポーン場所だけ引き継がれて、建築した物、経過した日数などが引き継げませんでした。
こちらの解決策などありますでしょうか、?

目次