【おすすめ記事】サブスクをまとめて管理できるアプリって知ってる?

【RUST】たった10分でConoHaのマルチサーバーの立て方を紹介【最新版対応】

当記事はSteam版PCユーザー向けです。(PS4版、Xbox版には対応してません)

ポテコちゃん

ねぇねぇ!ポテトくん!
最近、ストリーマー界隈で流行ってるRUSTっていうゲーム知ってる?

揚げたてのポテト

もちろん知っていますよ。
VC繋いでワイワイとしていて面白いですよね。

ポテコちゃん

そうそう!私も身内でワイワイして遊んでみたいな!
でもサーバーとか詳しくないし、どうすればいいかな?

揚げたてのポテト

そんな時はConoHaでRUSTサーバーをレンタルするのがおすすめですよ!

当記事では、レンタルサーバー大手である「ConoHa」でRUSTのマルチプレイサーバーの立て方を分かりやすく紹介していきます。

ConoHaは誰でも簡単にRUSTサーバーを立てられるようにテンプレートイメージを用意しています。

初心者の方でも当記事を見れば、今すぐにでもサーバーを立てることができます。

記事通りの手順に沿って行えば、10分以内にRUSTサーバーで遊べます!

【過去最大75%OFF】今なら「50万人突破記念キャンペーン」を実施中!【期間限定】

50万人突破記念キャンペーンとは、VPS割引きっぷを利用すると通常料金から過去最大75%OFF、月額272円~からご利用できます。中でも3か月以上の4GBプランと2GBプランが最も割引率が高くおすすめです!(2022年11月7日(金)16時まで)

目次

RUSTとは

既にRUSTをプレイしていて当記事に来られた方が大半だと思いますが、一応「RUST」について簡単に紹介したいと思います。

RUSTは、自給自足で素材を集め、食料や建築を作り、生活していく自由度の高いオープンワールドサバイバル+MMO+FPS要素があります。特徴はサーバーに複数のプレイヤーが参加しており、互いに協力したり、戦闘をしながら生き延びます。もちろんソロで活動することも可能です。

RUSTは2018年にリリースされたゲームですが、ここ最近、ストリーマー界隈で人気のゲームとなっていて、ワイワイと楽しんでいる様子から視聴者も感化されて一時期、Steamの売上No.1になるほどの注目度でした。

揚げたてのポテト

ストリーマー界隈で遊んでいるサーバーは、ストリーマー専用サーバーです。こちらもレンタルサーバーを借りて運営が行われています。

ポテコちゃん

そうなんだ!ストリーマーの切り抜き動画を見てから、私もRUSTに興味出てきたんだよね!

サーバーとは

さて、RUSTでマルチプレイをするためには一緒に遊ぶ場所(サーバー)を用意する必要があります。

ポテコちゃん

例えば、友達の家に招待されて実際に行ってみたら、肝心の家が無い!という感じかな?

揚げたてのポテト

そうそう!そんなイメージですね!

簡単に説明しましたが、これがサーバーとなります。

そのため、RUSTにおいてもサーバーが必要となりますが、サーバーを立てるためにはある程度のパソコンスペック(性能)が必要になってきて、シングルプレイで重たいなと感じている人では自分のパソコンでサーバーを立てることは難しいと思います。

サーバー種類

ご存知かと思いますがRUSTにはシングルプレイがなく、全てマルチプレイで遊びます。

遊びたいサーバーを選択する必要があるのですが、RUSTでは3種類に分かれています。

公式サーバー

その名の通り、RUST運営が提供している公式サーバーです。

誰でも参加できることから、かなり人口が多く上級者が多いイメージです。

そのため初心者には難しいサーバーとなっています。

MODサーバー

公式サーバーと違い、ユーザーが独自のRUSTサーバーを立てる必要があります。

MODという拡張機能を使用できるため、建築や乗り物の練習として存在することが多いです。

コミュニティサーバー

公式サーバーと違い、ユーザーが独自のRUSTサーバーを立てる必要があります。

ユーザーが管理するサーバーなので独自ルールがある場合があります。良さげなサーバーがあれば初心者の方でも遊びやすいかと思います。

同じパソコン内でRUSTクライアントとサーバーを立てるなら、ある程度のパソコンスペック(性能)が必要になります。

最大プレイヤー5~10人を想定したスペック

パーツ最低スペック推奨スペック
CPU2Coreまたは3Core以上2Coreまたは3Core以上
メモリ4GB以上8GB以上
容量32GB以上(SSD推奨)32GB以上(SSD推奨)
ネットワーク100Mbps以上1Gbps以上

また、コミュニティサーバーを作成するにはパソコンの知識が少し必要で、パソコン操作が苦手な方には不向きだと思っています。

ただし、サーバー管理者は様々なサーバー設定ができるため、自由に遊ぶことができます。

ポテコちゃん

自由に遊べるのはいいけどパソコン苦手だから難しそう…。

揚げたてのポテト

そこで、筆者がおすすめしたいのはレンタルサーバーである「ConoHa」でRUSTサーバーを立てましょう!

ポテコちゃん

ConoHaって聞いたことないなー

揚げたてのポテト

レンタルサーバーはスペックやパソコン知識不要で使用できるのでとても便利ですよ!

揚げたてのポテト

このあと詳しくConoHaについて説明したいと思います!

ConoHa(コノハ)とは

ConoHaは、日本にあるレンタルサーバー企業の1つで、親会社はインターネット事業を展開しているGMOになります。

揚げたてのポテト

聞いたことない方もいるかもしれませんが、
実はGMOはインターネット事業の中でかなり大手で知名度もあるため、安全性信頼性が最高峰です。

そんなGMOが運用するConoHaでは主にVPSとよばれるサーバーを提供しています。

ConoHaは他のレンタルサーバー企業の中で高性能でありながら、低価格でサーバーを提供していて初心者の方でも簡単に利用できる点がとても魅力的です。

ポテコちゃん

なるほどー!安く使えて高性能なのはありがたいね!

揚げたてのポテト

そうですねー!とても使いやすいです。
私もかれこれ3年以上は愛用させてもらってます。

また、初期費用なしで月額968円から利用できるレンタルサーバーで、たくさんのテンプレートと高速SSDにより、「今すぐにでも使える」サーバーを作ることができます。

特にRUSTユーザーは優遇されており、「テンプレートイメージ」というサービスがあります。(これが超便利なんです!)

通常のVPSではRUSTサーバーを立てるのに必要な初期設定(コマンドを打ち込む)を自分で設定する必要があり、VPSに慣れてない人は途中で投げ出したくなるほど難しいのです。

揚げたてのポテト

私も初心者の頃は、コマンドを調べながらなんとか1日消費するほど難しかったです。(Google先生と一緒に頑張りましたよ笑)

でも安心してください!

ConoHaのテンプレートイメージを使えば、この難しい操作を自動的に行ってもらえるため、サーバーを契約すれば簡単な操作だけでスグにRUSTのマルチプレイの世界で遊べるようになります!

ゲーム好きならこんな記事もおすすめ!

VPSについて

ポテコちゃん

ところでさっきの説明で「VPS」っていう知らない単語が出てきたんだけど、説明してほしいな~

揚げたてのポテト

そうですね、ConoHaではレンタルサーバーの「VPS」を提供しているといいましたが、VPSについて簡単に説明しますね。

VPS(Virtual Private Server)とは、日本語で「仮想専用サーバー」のこと。
物理サーバーに仮想空間を用意することで仮想上に複数のサーバー(仮想サーバー)を作成できる技術。

VPSは、仮想上に異なるOSやメモリ、CPU等を自由に構築できます。

基本的にVPSは個人で用意することは少なく、ConoHaのような企業が用意しサービスとして提供しているところがほとんどです。

このようにVPSはサーバー構築をする技術だと最低限理解してもらえれば、問題ないかと思われます。

ポテコちゃん

ふむふむ。な、なんとなく分かったよ。。。

揚げたてのポテト

詳しく理解する必要もないと思うのでなんとなくで大丈夫です笑

ConoHaでサーバーを立てるメリット・デメリット

数あるレンタルサーバーの中でConoHaはどのようなメリット・デメリットがあるのか見てきます。

メリット
デメリット
  • 学生にも優しい低価格で提供
  • 最新CPUや高速SSD等を搭載した高性能スペック
  • いつでも解約できる時間制課金
  • コントロールパネルが分かりやすい
  • クレジットカード以外でも使える
  • テンプレートが充実している
  • メールやチャット等のサポート体制が充実している
  • GMOブランドで安全性・信頼性がある
  • 紹介、解説サイトが多い
  • 無料のお試しプランが無い
  • サーバー攻撃に弱い
揚げたてのポテト

こんな感じですかね。

ポテコちゃん

メリットに比べてデメリットの数が少ないね笑

メリットはすぐに思いついて書けましたが、デメリットは5分程度考えましたがあまり思いつかなかったです。

それだけ個人的には不満な点が無かったとも言えます。

デメリットについて

無料のお試しプランが無い

ConoHaでは低価格で提供しているため、1ヵ月間の無料お試しプランがありません。

しかし、当サイトからお申込みすると700円引きクーポンが貰えるので、無料とまでは行きませんが最初の1ヵ月は700円引いた料金で利用することができます。

サーバー攻撃に弱い

レンタルサーバーの中には、サーバー攻撃(DDoS等)対策を搭載しているレンタルサーバーもありますが、ConoHaでは搭載されていません。

そのため、ConoHaではサーバー攻撃による耐性が弱い印象があります。

と言っても個別のサーバーに攻撃を受けることはほとんど無いため心配する必要はありません。

料金プランについて

ConoHa VPSでは5つのプランによって分かれていますが、その中でオススメ3つをピックアップします。

4GBプラン
3,608円/月
6.6円/時
初期費用
無料
CPU/メモリ
4コア/4GB
SSD
100GB
備 考
5人以下であれば遊べる
8GBプラン
7,348円/月
13.2円/時
初期費用
無料
CPU/メモリ
6コア/8GB
SSD
100GB
備 考
少人数であれば快適に遊べる
16GBプラン
14,300円/月
24.2円/時
初期費用
無料
CPU/メモリ
8コア/16GB
SSD
100GB
備 考
大人数であれば快適に遊べる

RUSTサーバーにプラグインやMODを入れたい方は8GBプランの方が安定すると思います。

ポテコちゃん

色んなプランがあるんだね~!でもどのプランを選べばいいのかな?

揚げたてのポテト

参加人数にあったプランを選んでもらえれば快適に遊ぶことができてオススメです!

揚げたてのポテト

個人的には8GBプランが良いと思っています。
RUST自体が重いのでサーバーにかなり負荷が掛かります。

8GBプラン高いなぁって方へ

サーバー契約後でも4GBプランから8GBプランへ変更も可能なので、料金面で心配な方は4GBプランにしてみて、スペック不足と感じたら8GBにしてみても良いと思います。

揚げたてのポテト

4GBプランだと若干カクつきが感じられました…。

また、ConoHaは時間課金制を導入しています。

時間課金制とは、契約開始時から時間計算が始まり、月の途中で解約(サーバー削除)してもその時点の利用料金が請求されます。

【過去最大75%OFF】今なら「50万人突破記念キャンペーン」を実施中!【期間限定】

50万人突破記念キャンペーンとは、VPS割引きっぷを利用すると通常料金から過去最大75%OFF、月額272円~からご利用できます。中でも3か月以上の4GBプランと2GBプランが最も割引率が高くおすすめです!(2022年11月7日(金)16時まで)

ConoHa VPSのアカウント作成

ConoHa VPSを利用するには最初にConoHaアカウントを作成する必要があるので、まずアカウント作成方法をを紹介していきます。

ConoHaアカウントの作成

既にConoHaアカウントを持っている方は読み飛ばしてもらって構いません。

ConoHa VPSサイトより「今すぐクーポンをもらう」をクリックするとお申し込みができます。

ConoHaアカウントを持っていない方はアカウント作成が先になります。

揚げたてのポテト

今なら当サイトからお申し込みをすると、お得な特典がもらえます!

揚げたてのポテト

上記のボタンからConoHaアカウントを作成し、プランを契約するとお得な「700円分クーポン」が付与されます。(契約時に自動付与)
この機会に是非ご活用ください!

ポテコちゃん

最初の1ヵ月は700円引きされるのは大きいね!
せっかくなので活用してみよう~!

アカウント情報の入力

アカウント作成も簡単で、必要項目を入力するだけでアカウント作成ができます。

入力された情報は公開されることがないため、正しい情報を入力しましょう。
トラブルがあった際に間違った情報だと対応してもらえない場合があります!

ConoHaのパスワードは、セキュリティ強化のため
英大文字と英小文字、数字を最低1文字以上を入れる必要があるのでご注意ください!

以下のパスワード生成ツールを使うと強力なパスワードを作ることができます。

パスワードは重要になるので、しっかりとしたパスワードを入力しましょう。

今後、ConoHaにログインするにはメールアドレスとパスワードが必要になりますので、アカウント作成時にメモすることをオススメします!

ConoHaは長時間操作がないと自動的にログアウトされる仕組みのため毎回ログインが必要になります。

電話/SMS認証の確認

アカウント情報を入力して「次へ」をクリックすると次は本人認証が必要となります。

電話番号を入力してメッセージ(SMS認証)もしくは電話音声(電話認証)を選択します。

認証種類対応機器備 考
メッセージ(SMS認証)ガラケーorスマホorタブレット等(固定電話不可)簡単でスグできる
電話音声(電話認証)ガラケーorスマホorタブレット等(固定電話可)電話に出ないといけない
揚げたてのポテト

簡単にすぐできるSMS認証がオススメです!

電話番号を入力して「SMS認証」をすると、スマホ等のメッセージに認証コードが届くので認証コードを入力して「送信」を選択します。

お支払い方法の入力

本人認証が完了すると、事前にお支払い情報を入力する必要があります。

お支払い方法は様々対応しているので、クレジットカードをお持ちではない方でも利用できます!

お支払方法は大きく分けて3つあり、クレジットカード・ConoHaチャージ・ConoHaカードです。

クレジットカードを登録しておくと、翌月から自動引き落としになるので払い忘れが無くなるのでオススメですが、中にはクレジットカードをお持ちになってない方もいると思います。

揚げたてのポテト

そんな方は、ConoHaチャージまたはConoHaカードをオススメします!

ConoHaチャージ対応
お支払い方法
ConoHaカード対応
お支払い方法
  • クレジットカード
  • Amazon Pay
  • コンビニ決済
  • 銀行決済(ペイジー対応)
  • PayPal
  • Alipay
  • クレジットカード
  • コンビニ決済
  • 銀行決済(ペイジー対応)
  • Amazon.co.jpから購入
ConoHaチャージ

入金した金額分のみサービスのご利用が可能となる、前払いタイプのお支払い方法です。

クレジットカードの他に様々な支払方法に対応しています。

ConoHaカード

ConoHa VPSに「クーポン」として登録ができるプリペイドカードです。

Amazonギフトカードのように登録したい金額分のConoHaカードを購入して、番号を登録するだけでお金をチャージすることができます。

また、学生や教職員の方向けに学割も対応していて、学割を使うと10%OFFになりおトクです!

揚げたてのポテト

お支払い情報まで入力が完了するとアカウント作成完了です!

ポテコちゃん

特に問題なく、アカウント作成できたよー!

揚げたてのポテト

それでは次はRUSTのサーバーを契約して実際にサーバーを立ててみましょう!

サーバープランの選択

ココを間違えるとRUSTサーバーを立てられなくなるので飛ばさずにしっかりと読んでください!

それでは、RUSTサーバーのスペック(性能)となるサーバープランを選択していきます。

STEP
リージョン「東京」を選択

サーバーをどこに置くか決められます。

日本に住んでいる方は東京とシンガポールでは、東京の方が近いので「東京」を選択します。

STEP
サービス「VPS」を選択

サービスには色々とありますがRUSTでは「VPS」でサーバーを立てる必要があるため「VPS」を選択します。

揚げたてのポテト

他のサービスは絶対に選ばないでください!

STEP
VPS割引きっぷを「利用する/しない」を選択

VPS割引きっぷとは3ヵ月以上まとめて購入すると、ひと月あたりの割引率がアップします。

詳しくは以下の表を参考にしてください。

1~2か月だけ利用したい方は「利用しない」を選択して、3ヵ月以上利用する方は、VPS割引きっぷを「利用する」の方がお得になりオススメです!

スクロールできます
VPS割引きっぷ4GBプラン8GBプラン16GBプラン
1ヵ月3,608円/月
割引なし
7,348円/月
割引なし
14,300円/月
割引なし
3ヵ月3,520円/月
2%OFF
7,260円/月
1%OFF
14,080円/月
1%OFF
6ヵ月3,465円/月
3%OFF
7,205円/月
2%OFF
13,750円/月
3%OFF
12ヵ月2,970円/月
17%OFF
6,336円/月
14%OFF
12,276円/月
14%OFF
24ヵ月2,931円/月
18%OFF
6,069円/月
17%OFF
11,765円/月
17%OFF
36ヵ月2,901円/月
19%OFF
5,802円/月
21%OFF
11,253円/月
21%OFF
揚げたてのポテト

3か月ごとに数十円の割引が適用されます!さらに長期になればなるほど、割引も大きくなります!

ポテコちゃん

おぉ!長くなればなるほど割引率が増えてるね!

【過去最大75%OFF】今なら「50万人突破記念キャンペーン」を実施中!【期間限定】

50万人突破記念キャンペーンとは、VPS割引きっぷを利用すると通常料金から過去最大75%OFF、月額272円~からご利用できます。中でも3か月以上の4GBプランと2GBプランが最も割引率が高くおすすめです!(2022年11月7日(金)16時まで)

STEP
サーバープランを選択
4GBプラン
3,608円/月
6.6円/時
初期費用
無料
CPU/メモリ
4コア/4GB
SSD
100GB
備 考
5人以下であれば遊べる
8GBプラン
7,348円/月
13.2円/時
初期費用
無料
CPU/メモリ
6コア/8GB
SSD
100GB
備 考
少人数であれば快適に遊べる
16GBプラン
14,300円/月
24.2円/時
初期費用
無料
CPU/メモリ
8コア/16GB
SSD
100GB
備 考
大人数であれば快適に遊べる
揚げたてのポテト

料金プランに迷っている方は、前述した「料金プランについて」をご参考ください!

STEP
イメージタイプ「アプリケーション」を選択

サーバープランを選択できたら、次にイメージタイプ「アプリケーション」を選択し、「RUST」を選択します。

これがRUSTのテンプレートイメージになります。忘れずに選択しましょう。

STEP
rootパスワード/ネームタグの設定

rootパスワードは、サーバーを管理する時に必要になります。

英大文字、英小文字、数字、記号をそれぞれ含めて設定する必要があります。

入力したrootパスワードは忘れないように必ず控えておいてください。

rootパスワードはコントロールパネル再設定することはできないのでご注意ください。

追加するVPSに任意のネームタグ(名前付け)を設定することができます。

あとで見て分かりやすい名前にしておくと良いと思います。

ネームタグはあとでコントロールパネルから変更できます。

STEP
任意でオプション設定

基本的にはデフォルトのオプションのままでもサーバーを立てられるため、特に変更する必要がありません。

強いて言えば、サーバーデータが破損したときにバックアップしていると復元できるようになります。

自動バックアップ」を有効にしていると、いつでも安心してプレイすることができるのでオススメです。

揚げたてのポテト

その他の設定は特別な操作をしている人向けなので特に気にしなくていいです。

上記のSTEP6またはSTEP7まで完了したら、「次へ(追加)」を選択してサーバーを作成します。

サーバー追加後、すぐにサーバー構築が開始されます。

しばらく待つと下記の画像のように構築中から起動中という表記に変わるので待ちましょう。

10分~15分以上待っても「構築中」のままだった場合は、ページ更新をすると起動中になっていると思います!

お疲れ様でした!これでRUSTサーバーを構築することができました!

あとはRUSTを起動して必要な情報を入力することでマルチプレイサーバーに参加することができます!

ポテコちゃん

え?もう完成なの?とても簡単だね!

揚げたてのポテト

そうですよ。ConoHaのテンプレートイメージを使うと自動的にサーバーを作成してもらえるのでとても簡単なんです!

RUSTサーバーに参加する

それでは、構築したRUSTサーバーに参加するためにサーバーのIPアドレスとパスワードを確認する必要があります。

IPアドレスとパスワードの確認方法

ConoHaのコントロールパネルを開いてください。ネームタグの「サーバー名」を選択すると開けます。(今回は、RUST-Serverを選択しています)

次に「コンソール」を選択すると、黒い画面が表示されると思います。

ここでログイン情報を求められるので、loginには「root」、Passwordには「rootパスワード」を入力します。

Passwordの入力では、打ち込んだ文字が表示されない仕様なので、1文字1文字キーボードを見ながら入力することをオススメします。

赤枠に囲まれたServer IP Addressの横の数字がRUSTサーバーに参加する為に必要な「IPアドレスとポート番号」です。

忘れないようにメモしときましょう。

RUSTサーバーの参加方法

まず、「RUST」を起動してください。

次にSteamを起動して左上の「表示」を選択し、表示された中に「サーバー」があるのでこれを選択します。

ウィンドウが開くと思うので「お気に入り」を選択し、右下の「サーバーを追加」を選択します。

文字が小さく見づらい場合は画像をクリックすると拡大表示できます。

先程、ConoHaのコントロールパネルからコンソールを開いた時にメモした「IPアドレス:28015」を赤枠の中に入力してください。(IPアドレスと28015の間に「:(コロン)」も必ず挟んでください。)

その後、「このアドレスをお気に入りに追加」を選択します。

アドレスをお気に入り追加するとこのようにConoHaで作成したサーバーが表示されます。

たまに表示されない場合がありますがRUSTサーバーが完全に起動していないためです。少し時間を置いて「更新」すると表示されると思います。

Steamにてお気に入り追加して表示されたら、RUSTの画面を開きます。

「ゲームをプレイ」→「ファボ」の順に開くと、Steamでお気に入り追加したRUSTサーバーが追加されています。

最後に追加されたRUSTサーバーを選択して「サーバーに参加」を選択するとゲームに参加できます!

読み込みが完了し、ゲーム画面が切り替わればサーバーに接続成功になります!

揚げたてのポテト

お疲れ様でした。
これでConoHaでRUSTサーバーの立て方は以上になります。

ポテコちゃん

わーい!これでみんなと一緒に生活するぞー!

他の参加者にもサーバーのIPアドレスとパスワードを教えて、Steamのサーバー追加方法を教えてあげると同じようにサーバーに接続ができ、一緒に遊ぶことができるようになります。

管理者権限の付与

RUSTサーバーで自由にコマンドを使ったり、サーバーを管理する為には管理者権限を自分自身または特定のプレイヤーに付与する必要があります。

管理者権限があると何でも出来てしまうため、信頼できるプレイヤーのみに付与するようにしましょう。

管理者権限はゲーム画面内からownerid <SteamID> <名前> Adminコマンドを実行すると付与することができます。

ただし、名前が日本語の方はゲーム画面内から実行できないので別の方法で付与する必要があります。

今回は、Webサイトからサーバー管理できる「RCON:IO」を使って管理者権限を付与してみようと思います。

STEP
RCON:IOを開く

まず、以下よりRCON:IOを開きます。

次に、右上の「LOG IN」をクリックして開きます。

STEP
必要な情報を入力してログインする
項目説明
Server IPARKサーバーのIPアドレスを入力
RCON portRCONのポート番号「28016」を入力
RCON PasswordRCONのパスワードを入力

RCONのパスワードは以下のマップ変更方法の「rust-server.service」ファイルに記述されているので確認してください。

STEP
コンソールから管理者権限付与コマンドを実行する

左下の入力からownerid <SteamID> <名前> Adminコマンドを実行すると付与することができます。

以下のようなメッセージが表示されれば、プレイヤーに管理者権限の付与に成功しています。

STEP
管理者権限を保存する

管理者権限の付与に成功したら、管理者権限の設定を保存する必要があります。

今のままでサーバーを閉じたり、再起動してしまうと管理者権限も外れてしまいます。

そのためには、RCON:IOでserver.writecfgコマンドを実行して管理者権限を保存しましょう。

STEP
完了

管理者権限の付与はこれで完了です。

RCON:IOではコンソールからコマンドを実行できるほかに、サーバー状況やチャット履歴、プレイヤー状況等を確認できます。

詳しい使い方は説明しませんが、簡単な操作で管理できるので分かりやすいと思います!

サーバー設定方法

ポテコちゃん

RUSTサーバーの設定方法ってどうやるの?

揚げたてのポテト

いい質問ですね。
ConoHaではサーバー設定までは用意されていないので自分自身で設定する必要があります。詳しく説明します!

サーバー設定を行うにはConoHaサーバーに接続して、直接サーバーフォルダをいじる必要があります。

必要なソフトをインストール

ConoHaサーバーに接続するためには、必要なソフトをパソコンにダウンロードして、インストールする必要があります。

必要なソフトとは、WinSCPというパソコンからサーバーに接続してファイルやフォルダを共有できるソフトのことです。

「窓の社からダウンロード」をクリックするとパソコンにダウンロードできます。

揚げたてのポテト

ダウンロードができたらインストールも完了させちゃってください。

WinSCPの初期設定

WinSCPのインストールが完了したら、

初期設定を行い、パソコンからConoHaサーバーに接続していきます。

名前説明
ホスト名ConoHa VPSの「IPアドレス」を入力
ポート番号ここは「22」で変更しない
ユーザ名ユーザ名は「root」で入力
パスワードサーバー追加時に設定した「rootパスワード」を入力(大文字、小文字、数字、記号)

最後に「保存」して、「ログイン」するとConoHaサーバーのフォルダにログインできます。

ログイン後に警告メッセージが表示された場合

もし、このようなメッセージが表示されたら「はい」を選択してください。

これでConoHaサーバーフォルダに接続することができました。

マップ変更方法

RUSTではいくつかのマップが存在しています。

RUSTサーバーはもちろんマップ変更が可能なので、マップ変更方法を紹介していきます。

揚げたてのポテト

少々コマンドを使ったりしますが、記事通り行えば問題ありません。

起動スクリプトのファイルを開く

STEP
起動スクリプトファイルの表示

RUSTサーバーの起動スクリプトというファイルを開いていきます。

上の赤枠のフォルダマークを選択し、「ディレクトリを開く」に以下のファイルパスを入力してください。

/etc/systemd/system

ファイルパスを入力できたら「開く」を選択すると、起動スクリプトがあるフォルダを開けます。

次に起動スクリプトの「rust-server.service」があるので選択して「右クリック→編集」で開きます。

STEP
起動スクリプト「rust-server.service」の編集
揚げたてのポテト

ここを間違えると起動できなくなるので慎重に操作してください。

「ExecStart」の中に、「+server.level “マップID“」を書き加える必要があります。

+server.level "マップID"

今回は軽量化マップである「Barren」にしてみました。変更したら上書き保存してください。

マップ名マップID備考
Procedural MapProcedural Mapデフォルト(初期マップ)
BarrenBarrenマップの特徴はこちら
Hapis IslandHapisIslandマップの特徴はこちら
Savas IslandSavasIslandマップの特徴はこちら
Savas Island KothSavasIsland_kothマップの特徴はこちら
STEP
ブループリントやマップのデータ削除(ワイプ等で必要な場合のみ)

ワイプ等で完全にリセットしたい場合はSTEP3を行ってください。ブループリントのデータを引き継ぎたい場合はSTEP3を行わず、そのままSTEP4に進んでください。

それでは、WinSCPの「ディレクトリを開く」に以下のファイルパスを入力してください。

/opt/rust_server/server

次に「RustServer_XXXX」フォルダを開きます。

「RustServer_XXXX」フォルダの中に様々なファイルがあります。

ブループリントのデータファイル「player.blueprints.db(.db-journal)」、マップのデータファイル「マップ名.XXXXX.map(.sav)」を削除するとそれぞれのデータを削除することができます。

STEP
サーバー再起動

これでマップ変更が完了しました。

次にサーバー再起動するとマップが反映されるのですが、ConoHaコントロールパネルより再起動を行うと反映される方とされない方がいるとの報告を受けたので、サーバー設定と同じく再起動コマンドを使用します。(確実に反映します)

揚げたてのポテト

ConoHaのサーバー再起動で反映されれば、
以下のコマンドは実行しなくて大丈夫です。

ConoHaコントロールパネルの「コンソール」にログインできたら以下のコマンドを入力して実行してください。

systemctl daemon-reload

次に起動スクリプトの再起動コマンドを実行してください。(サーバー再起動されます)

systemctl restart rust-server.service

再起動してからSteam画面に反映されるまでに時間が掛かる場合があります。

揚げたてのポテト

これでマップ変更完了です!

ポテコちゃん

あれ?Steamのサーバー名とプレイヤーの最大人数が変わってない?
これも設定できるの?

揚げたてのポテト

もちろんできますよ!
では次にその他設定方法について紹介します。

その他の設定方法

先程、マップ変更をする時に起動スクリプトを編集したと思いますが、他にも色々と設定項目があったと思います。

これらを編集すると、サーバー名やプレイヤーの最大人数、マップサイズの変更などができます。

初期設定

最初から起動スクリプトに記載されている設定項目です。

設定項目初期値説明
+server.ip0.0.0.0RUSTサーバーのIPアドレスを指定します。(変更しない)
+server.port28015RUSTサーバーのポート番号を指定します。(変更しない)
+server.tickrate10RUSTサーバーの状態を更新する頻度です。(10なら1秒間に10回更新)
基本的に変更する必要がなく値が大きすぎると重くなります。
+server.hostnameRustServer_XXXXSteamやRUSTのファボに表示されるサーバー名を指定します。
+server.identityRustServer_XXXXRUSTサーバーのフォルダ名になります。(変更しない)
+server.seedXXXXマップのシード値を指定します。(0~2147483647)
0にするとランダムマップになります。
+server.maxplayers50RUSTサーバーの最大人数を指定します。
+server.worldsize3000マップの最大サイズを指定します。(1000~6000)
+server.saveinterval600RUSTサーバーの自動保存の間隔を指定します。(600なら10分)
+rcon.ip0.0.0.0リモート管理用のIPアドレスを指定します。(変更しない)
+rcon.port28016リモート管理用のポート番号を指定します。(変更しない)
+rcon.passwordXXXXXXリモート管理用のパスワードを指定します。(変更しない)

追加設定

新しく追加しないと反映されない設定項目です。

設定項目初期値説明
+server.levelProcedural Mapマップを変更できます。
+server.descriptionサーバーに関する説明文を記載できます。(英数字のみ)
+server.url上記の説明文の中にURLを記載できます。
+server.headerimage接続画面の背景を変更できます。
+server.radiationtrue放射線の有無を設定できます。
有効:true/無効:false
+server.stabilitytrue建築物の安定化の有無を設定できます。
有効:true/無効:false
+server.itemdespawn180アイテムが消滅するまでの秒数
+server.respawnresetrange50ベッドのリスポーンのクールタイム秒数
+server.pvefalsePVEモードの有無を設定できます。
有効:true/無効:false
揚げたてのポテト

起動スクリプトの設定を変更したらマップ変更と同じように再起動コマンドをしてくださいね。

RUSTサーバーに関するQ&A

RUSTサーバーをバージョンアップするにはどうすればいい?

2022年7月8日(金)にConoHa公式より「RUSTのアップデート方法」について発表されました。

現在は、ConoHa公式サイトで紹介されている「コチラ」であれば、アップデート可能とのことです。

Oxide導入してる場合は、こちらの記事をご覧ください。

ブループリントやワイプデータを削除するにはどうすればいい?

ConoHa公式サイトで紹介されている「コチラ」であれば、削除可能とのことです。

RUSTサーバーにパスワードを付けて、他のプレイヤーを参加できなくするには?

通常のRUSTサーバーではパスワードの設定ができません。

Oxide(オキサイド)というソフトを使うとパスワードなどの設定ができるようになります。

別の方が書いた記事が参考になると思うのでOxideの導入方法は以下よりご参考ください。

ひとこと

いかがだったでしょうか。

ConoHa VPSではテンプレートイメージにRUSTが無かったので何で追加されないんだろう…?と不思議に思っていましたが、ストリーマー界隈で話題になったことで、ついにConoHa VPSでテンプレートイメージ化されました!

今までサーバーを立てるのに苦戦していた方もテンプレートイメージを使えば簡単にサーバー構築できます。

当記事が参考になれば幸いです。ぜひRUSTの世界を楽しんでください!

揚げたてのポテト

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後も揚げポテ知恵ログ+をよろしくお願いします!

4.6 11 総投票数
\ この記事を評価 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
4.6 11 総投票数
\ この記事を評価 /
guest
24 件のコメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
ぬるぬる

確かに他のレンタルサーバー企業と比べると安いね!しかも高性能ってスゴイね!

yuzu

サーバーのアップデートについて
本日conoHaにてサーバーを建てて、記載通りに進めたところ、接続ができませんでした。
conoHa公式で記載がったとおりにアップデートも掛けてみましたが、結果は同じでした。
steamのメニューより、表示→サーバーを選択し、そこに追加してみたところ、応答がありませんと表示されてしました。

この場合の対処法としてどのようなことが挙げられますでしょうか・・・

RUST

この記事とても参考になりました!ありがとうございます!

Rustのアップデートですが、他の方同様の質問で申し訳ないです…

サーバー再起動しても、

Protocol: 2345.225.1
Build Date: 06/10/2022 03:45:36

のままで、それっぽいコマンド「steamcmd +login anonymous +app_update 258550 validate +exit」を入力して更新かかったように感じたのですが再度サーバー再起動しても反映しておらず…

ConohaでRustのアップデートはどうやるんでしょうか。

教えていただければ幸いです。

maxshu

たびたびコメント失礼します
アップデート確認後サーバーをConoHA操作で再起動かけたのですがサーバーがアップデートされておらずバージョンが古いままで
ConoHaのコンソール側には
17 updates can be applied immediately.
1 of these updates is a standard update.
To see these additional updates run: apt list –upgradable

1updates could not be installed automatically. For more details…

となっているのですがなんとかご助力いただけないでしょうか

maxshu

はじめまして
CoNoHaでサーバー借りてこの記事非常に助かりました
RUST自体のアップデートの際CoNoHa側では何らかのコマンド操作必要でしょうか…?

目次